コンテンツに進む
物価高のこんな時代だからこそお米を食べよう!美味しいご飯のお供探し方!

物価高のこんな時代だからこそお米を食べよう!美味しいご飯のお供探し方!

ご飯のお供専門のECサイト

「おかわりJAPAN商店」店主の長船です。

先日こんなニュースが出ていました。

 

2022-07-19 お米が7年ぶりの安値に 日本人の「米離れ」も影響?

https://news.yahoo.co.jp/articles/561df96e54827f08263c0c9d7ed35ec9528ae0cb

ここ何か月か食品の値上げラッシュが止まりません。

スーパーの棚の値札を見ると

「えっ!!こんな値段だったっけ?」

と驚くことが多々あります。

 

コロナ禍、戦争、円安、気候変動などさまざまな要因が重なり

食品のみならずあらゆるものが値上がりしているこのご時世に

お米は値下がり…。

お米好きとしては

嬉しい気持ちと不安な気持ちが半々で入り混じってます。

(安くでお米が買えるのは嬉しいけど、日本人のお米離れが不安。)

せっかく値下がりしているなら

●お財布に優しくて

●おなかも満たされる

●調理が簡単なオンザライス

を楽しもうではありまんか!?

 

のせるだけで主食が完成♪ご飯のお供こそ最強の時短 ズボラめし

瓶をあけてご飯に盛るだけで主食の完成。

お米も研いで炊飯器でポチッとボタンを押すだけ。

ご飯のお供を数種類、冷蔵庫にストックしておけば

その日の気分や食欲に合わせて変えれば飽きもこない。

忙しい現代人にとって最強の時短ズボラ飯ではないですか?

ご飯のお供オンザライスって。

 

 

ハズすことなく、美味しいご飯のお供に出会いたい…

●以前、道の駅でご飯のお供を買ったけど味が濃くて食べきれなかった。

●スーパーで買えるご飯のお供にはもう飽きてしまった。

などなど、

ご飯のお供に対するマイナスなイメージを気持ちを

お持ちの方もいらっしゃるはずです。

 

美味しいご飯のお供に出会うには…どうすれば良いか。

 

(1):実店舗がある専門店を利用する。

AKOMEYA、カルディ、久世福商店、日本百貨店など、

ご飯のお供が充実している食の専門店が増えてきています。

これらに行けば間違いなく美味しいご飯のお供に出会います。

人気店舗のバイヤーさんが選んだご飯のお供なので

現代人の味覚にあった美味しいご飯のお供が

セレクトされています。

もちろん、百貨店の食品売り場もおすすめです。 

 

(2):ご飯のお供専門ウェブメディア「おかわりJAPAN」で探す

私長船が運営しております

ご飯のお供専門WEBメディア「おかわりJAPAN」

https://okawari-lab.net/

に日本各地の美味しいご飯のお供が

1,000種類以上も紹介されています!!

(※もう8年以上も続けていますので、取り扱いされていない商品も含まれている可能性もありますが。)

お取り寄せをメインで考えている方は

ぜひご活用ください。

「情報量がありすぎて決めきれない」

そんな方は

おかわりJAPAN商店のLINE友達登録をし

https://line.me/R/ti/p/@961dweud

私にメッセージいただければ

美味しいご飯のお供探しにご協力させていただきます。

 

(3)おかわりJAPAN商店で買う

最後は宣伝になっちゃうのですが、

当ECサイト「おかわりJAPAN商店」

https://okawarijapan-store.jp/

をご利用くださいませ。

まだまだ商品数は多くなく選択肢も少ないですが、

当店で取り扱っているご飯のお供は

どれも間違いのない美味しいご飯のお供ばかりです。

要は少数精鋭型のオンラインショップなのです。

(もちろん、今後商品数は増えていきます。)

 

ご飯にのせるだけではなく

ほかの料理にも使えるアレンジレシピ

【まとめ】ご飯のお供を使ったアレンジレシピまとめ

をご紹介しております。

 

 

こんな時代だからこそ美味しいお米を食べてほしい!

最後に、私の個人的な思いを語ります。

輸入品ではなく

国内で作られているお米とはいえ

●お米を運ぶ輸送量

●トラクターのガソリン代

●農薬

●お米袋などの資材費

 などのコストは値上がりしています。

 それなのにお米の値段が下がっている。

これは誰かがマイナス分を負担しています。

誰が…

「農家さん」です。

お米が安く売られるということは

農家さんが収入・収益減少になっています。

売上・収益ともに減少をすると

お米作りをもう辞めようかな…。

という農家さんが増えてきます。

生産者が減り生産量が減る。

 ただでさえ農家さんの高齢化が問題になっているのに、

お米の生産が儲からないとなると

後を継ぐを若い人も出てこないでしょう。

 

お米食という日本人のソールフードを

次世代の方に残していくためにも

 今分岐点に立たされているように思います。

 

「無理してお米を食べろ」

というのではなく、

「お米って本当に素晴らしい食べ物なんですよ」

ってことを私は伝えていきたいです。

 

 

 

古い記事
新しい記事
閉じる

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索する

ショッピングカート

カートには何も入っていません
今すぐ購入
lineでお友達追加