コンテンツに進む
【2月3日は節分】鯛チャンジャを使ってキンパ(韓国風海苔巻き)を作ってみた!

【2月3日は節分】鯛チャンジャを使ってキンパ(韓国風海苔巻き)を作ってみた!

ご飯のお供専門ECサイト

おかわりJAPAN商店店主の長船です。

2月3日は節分です。

例年わたしは近所のスーパーで出きあいの恵方巻を

購入して食べていましたが、

今年はキンパ(韓国風海苔巻き)に使えそうなご飯のお供に出会えたので

それを使って自分で巻き寿司を作ります。

そのご飯のお供というのが

1週間ほど前におかわりJAPAN商店に仲間入りした

佐賀県 鯛のわんの「鯛チャンジャ」です。

https://okawarijapan-store.jp/collections/tainowan

 

それでは「鯛チャンジャ」を使って

《鯛チャンジャのキンパ》を作ってみたいと思います!!

 

■材料(1人前)

・ご飯…180g

・卵…1個

・鯛チャンジャ…50g

・海苔…全型1枚

・人参…20g

・ほうれん草…30g

・ごま油…適量

・塩…適量

・鶏ガラスープの素…適量

・いりごま…適量

 

■作り方

(1):下準備 

・ご飯は、ごま油と塩を適量いれて混ぜる。粗熱をとっておく。

・卵焼きは自分好みの味付けで。

・にんじんは細切りに。いりごまもいれてごま油・鶏ガラスープのもと・塩でさっと炒める。

・ほうれん草…塩を少々入れた湯で茹でて冷水にとってさらし、2~3㎝長さに切って水気をよく絞る。 いりごま・ごま油・鶏ガラスープのもと・塩で和える。

(2):海苔3/4ほど(上に少しスペースをあけておく)にご飯をしきつめ、そこに下準備した具材と鯛チャンジャをのせて巻く。

※上記作り方はご参考までに。

みなさま独自のキンパレシピをお持ちでしたらそれをベースに作ってみてください。 

 

■感想

・巻き寿司にしても鯛のプリっとした食感を楽しめます!!

・鯛チャンジャというその商品の通り、キンパ(韓国風海苔巻き)にぴったりな具材です。

・さらに刻みたくあんをいれても美味しいらしいです。(製造元の牧原さんいわく。)

 ・鯛チャンジャを食べる機会があればご飯にのせるだけでなく、《鯛チャンジャのキンパ》もお楽しみください。

 

■鯛チャンジャについて

 

佐賀県玄界灘を望む仮屋湾で大切に育てられた真鯛を使用。キャリア約30年のの料理人が作った創作ご飯のお供。

真鯛を鮮度抜群の状態で切り身にし、特製の専用だし汁にじっくり丁寧に漬け込むことで、美味しい「鯛の漬け」を作り、その「鯛の漬け」にミンチにしたタラの胃袋を和えた「鯛チャンジャ」。

風味や食感が強いタラの胃袋。少なすぎるとチャンジャの味が出せないけれど、バランスを間違えば真鯛そのものの魅力を消してしまいます。
鯛とタラの胃袋の絶妙なバランスで生まれた「鯛チャンジャ」。
鯛のプリっとした食感と濃厚な甘み、チャンジャ特有の風味や辛みが絶妙で
ご飯が止まらなくなります。
そのままお酒の肴として食べても最高の逸品です

鯛のわんシリーズ《鯛チャンジャ》など

https://okawarijapan-store.jp/collections/tainowan

 

■初回購入のお客様限定!LINE友達登録で200円OFF

 現在(2023年2月1日)

おかわりJAPAN商店のLINE友達登録で

200円OFFのクーポン配布中です!!

https://line.me/R/ti/p/@okawarijapan

ぜひ、この機会にLINE登録よろしくお願いします☆

(※クーポンの金額は予告なく変更になる場合もございます。
あらかじめご了承くださいまえ。)

 

古い記事
新しい記事

※記事の内容は公開日の情報です。販売価格やサービス内容、商品の詰め合わせ内容が変更になる可能性もございます。

私が書きました。長船クニヒコ

食べたご飯のお供の数は1,500種類以上!!

ご飯のお供専門家としてヒルナンデスやめざましテレビなどメディア出演も多数!!

ご飯のお供専門ウェブメディア「おかわりJAPAN」
ご飯のお供お取り寄せ通販サイト「おかわりJAPAN商店」を運営。

とにかくご飯食が大好きです!