コンテンツに進む
シャケとタコは食べたけど、タラはまだ食べてない方へ【やみつきシリーズ】

シャケとタコは食べたけど、タラはまだ食べてない方へ【やみつきシリーズ】

ご飯のお供専門のネット通販おかわりJAPAN商店店主の長船です。

南極料理人が監修した北海道ノフレ食品の「やみつきシリーズ」を食べたことありますか?

「テレビで紹介されるお取り寄せグルメは隈なくチェックしてるよ~」

って方はご存知のはず。

2018年に発売されて以来、数多くのテレビ番組や雑誌で紹介されている人気のご飯のお供。 

日本最大級のお取り寄せポータルサイト「おとりよせネット」の企画【ベストおとりよせ大賞 2021年 ご飯のお供部門 金賞】を受賞したすごい人気のご飯のお供なんです。

競合がひしめき合う北海道グルメの中でも存在感を放つご飯のお供。

シャケやタコをメインの具材にし、ホタテやたまねぎなど北海道産の具材がゴロゴロ。それらをオイル漬に。さらに唐辛子やにんにくでパンチの効いた味付けにしています。

今まで食べた魚介系の瓶詰ご飯のお供では類似品が見当たらない唯一無二のご飯のお供。

このやみつきシリーズは「鮭」「タコ」「タラ」「ニシン」の4種類あります。
(おかわりJAPAN商店で取り扱っているのは「鮭」「タコ」「タラ」の3種類。

この3種類の中でもっぱらテレビに紹介されるのは「やみつきシャケ」。その次に「タコ」。 残念ながら「タラ」や「ニシン」はあまりテレビで紹介されません。

 

 いやいや、トータル的な味の判断ではシャケやタコに全然負けていない美味しさのタラ。 せっかくなので「やみつきタラ」について魅力を考えたいと思います。

 正直、鮭は旨味が強いしタコは食感が豊か。 それに比べてタラは味がたんぱく。 しかし、クセがなく食べやすい側面もあります。

やみつきシリーズのベースの味付けがにんにくや唐辛子がしっかりしているので、味がたんぱくなタラでもしっかりご飯が進むおともに仕上がっています。

 

やみつきタラを使ったアレンジレシピ「やみつきタラチャーハン」


【1】材料
●ご飯…180g
●やみつきタラ…45g
●卵…1ヶ
● 大葉…2枚
●塩コショウ…適量
●サラダ油…適量

【2】作り方
(下準備):卵を溶いておく。大葉をみじん切にする。
(1):フライパンに油をしいて、溶いだ卵を流し込む。
(2):卵に火が通ったら、ご飯・やみつきタラを入れて炒める。
(3):しっかり炒めたら、塩コショウで味を整る。
(4):お皿に盛り、上に刻んだ大葉のせて完成。

▼詳しい作り方を動画で紹介しております↓↓


 

 

【3】完成
●作る前は「青ねぎ」をいれるべきか、「鶏だしの素」を入れるか迷いましたが…、やみつきタラにたまねぎが入っているので青ねぎは入れず。

やみつきシリーズは味がしっかりしているし酵母エキスが入っているので「鶏だしの素」も不要だろう。 

ということで具材・調味料ともに最小限で最高に美味しいチャーハンができました。

やみつきシリーズを購入した際は、ぜひ一度お試しください。 

今回やみつきタラで作りましたが、やみつきシャケでもやみつきタコでも美味しく作れるでしょう。

 

やみつきシリーズすべて食べたことある人も

どれか一つしか食べたことがない人も

どれも食べたことない人も

やみつきタラのお買い求めはこちら↓↓


やみつきシリーズ(鮭・タコ・タラ)【北海道 ノフレ食品】
https://okawarijapan-store.jp/collections/all/products/yamitsuki-3set

 

古い記事
新しい記事
閉じる

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索する

ショッピングカート

カートには何も入っていません
今すぐ購入